ハイトークワッシャー

油圧トルクレンチ世界シェア70%の産業用ボルト締付工具メーカー

よくある質問

お客様からハイトークに寄せられるよくあるご質問と回答をまとめました。ハイトークに関してご不明な点がありましたらまずはこちらをご確認ください。こちらにないご質問がありましたらお気軽にハイトーク日本オフィスまでご連絡いただくかメールフォームからご質問ください。

トップページ

よくある質問

よくある質問

質問

ハイトークの工具はどの程度の大きさのボルトから使用できるのでしょうか?

答え

一般的にはM16から適用範囲となっております。それ以下のサイズのボルトでも対応は可能ですがトルク管理を行っていなければ通常のインパクトレンチで対応できる事がほとんどです。

質問

油圧トルクレンチとはなんですか?

答え

油圧トルクレンチは油圧を動力として大きなトルクをかけることができるトルクレンチの事です。所定のトルクで大型ボルト(M16以上)を締め付けて正確なトルク管理ができるものです。パワーレンチと呼んでいる方もいらっしゃいます。

質問

ハイトークは会社名ですか?

答え

ハイトークは会社名ではなくブランド名です。運営会社はアメリカ合衆国ニュージャージー州に本社を構えるユネックスコーポレイションです。日本には現地法人であるユネックス合同会社があります。当サイトはユネックス合同会社が運営しております。

質問

修理や校正はどこで行うのか?アメリカですか?

答え

修理や校正は日本の現地法人であるユネックス合同会社がオフィス内で行っておりますので素早い対応が可能です。ご安心ください。

質問

油圧トルクレンチを使用する際は他に何か必要ですか?

答え

油圧トルクレンチを使用する際はホース、油圧ポンプ、反力アーム、ソケット等が必要になります。

質問

工具のレンタルは可能でしょうか?

答え

はい。可能です。レンタルについてはできる限り柔軟に対応しておりますのでお気軽にご相談ください。

質問

取り扱い説明書は英語ですか?日本語ですか?

答え

全ての工具の取り扱い説明書は日本語ですのでご安心ください。

質問

油圧トルクレンチの四角駆動軸式工具(ソケット型)と狭所作業用工具(センターホール型)の違いは何ですか?

答え

四角駆動軸式工具(ソケット型)はソケットを交換するだけで何種類ものボルトサイズへ使用できます。またボルト間ピッチが狭い場所でも役立つことが多いという特徴があります。

狭所作業用工具(センターホール型)は本体に厚みがないので高さ制限のある場所で非常に役立ちます。またボルトの突き出しが長い場合には狭所作業用工具(センターホール型)が最適です。

質問

各工具の使い方は簡単ですか?難しいですか?

答え

とても簡単です。ただ、工具に大きな力が加わるものになりますので正しい使い方をしないと事故の元です。もし少しでもご不明な点がございましたらお気軽にご連絡ください。

質問

防爆エリアで使用することは可能ですか?

答え

可能でございます。使用実績も多数あります。使用できる工具は油圧トルクレンチ、エアートルクレンチが該当します。電気を動力とするバッテリー式のトルクレンチは防爆エリアで使用することはできません。

質問

初めて使用するのですが指導していただけますか?

答え

基本的には可能でございます。お気軽にご相談ください。詳しくは当社までご連絡ください。

質問

各工具を購入するとなった場合の納期はどのくらいですか?

答え

日本オフィスに在庫がありましたら1週間前後ですが在庫がない場合は海外の工場で生産するので1ヶ月前後かかります。また、特注品の場合は2ヶ月~3ヶ月前後かかる場合もございます。

質問

各工具の校正の頻度は一般的にどの程度必要なのでしょうか?

答え

具体的にはトルク工具は1年に1回は校正を行ったほうが良いでしょう。校正点検を怠ることで締め付け部分の漏れにつながったりしますのでお気をつけください。

質問

工具が故障した場合はどうすればいいのでしょうか?

答え

当社にご連絡いただければできる限り迅速に対応いたします。修理は日本オフィスで行っておりますので長期間お待たせすることは基本的にはありません。また、ご希望があれば修理中は代替品を無料でお貸ししております。

質問

海中や水中でのボルト締めに油圧トルクレンチは使用できますか?

答え

海中や水中で使用することは可能です。水中や海中でのボルト締め実績はありますのでご安心ください。水深がある現場は長いホースが必要になります。また油圧ポンプは大吐出量のタイプが必要になります。一度お問い合わせください。

質問

届いたばかりの油圧トルクレンチが動かないのですが何故ですか?

答え

当社では商品発送時に必ず動作確認を行っております。届いたばかりのトルクレンチが動かない理由の多くはカプラの接続がしっかりとされていない事がほとんどです。緩んで油が通らなくなっているケースが多く見られます。

質問

反力が取れなくて困っていますがそのようなことも相談できるのでしょうか?

答え

可能です。ハイトークは現場を確認した上で最適な工具等をご提案しております。反力アームも現場を調査した上で最適なものをご提案しております。

質問

油圧トルクレンチの寿命はどの程度でしょうか?

答え

使用頻度や使用環境によって大きく異なります。お客様次第ではございますがあまり使用しないお客様ですと20年以上使用している方もいらっしゃいます。頻繁に使用するお客様の場合は5年~10年が一般的です。また、正しい使い方をしていただくことが前提です。

産業用ボルト作業の革命ハイトークワッシャー

レンタル代金の50%が工具購入時の値引きに適用

ハイトークのサービスに関するご質問、導入、費用のご相談等、何でもお気軽にご相談ください。

メールにて随時受け付けております。電話番号は0120-871-109となります。

世界で最も信頼された工業用ボルテイングシステム

ハイトークロゴ

日本法人拠点住所

〒143-0006 東京都大田区平和島6-1-1物流ビルB棟4階BE4-S TEL:0120-871-109

各拠点:アメリカ、日本、カナダ、ブラジル、中国、イギリス、ロシアetc