ハイトークワッシャー

油圧トルクレンチのあらゆる基本的開発は全てハイトークからはじまりました

油圧トルクレンチ世界シェア70%の産業用ボルト締付工具メーカー

INTERVIEW

化学系事業会社

K社様

施設保全グループ

ご担当者様

トップページお客様の声

化学系事業会社K社様

ハイトーク新製品で効率化を実現

化学系事業会社K社様はハイトークワッシャーとバッテリータイプのトルクレンチを導入したことにより今までよりもボルティング作業にかかる時間が短縮されました。さらに反力アームが不要になった事でより安全にかつより高精度な締め付けが可能になりました。今回は施設保全グループのご担当者様にインタビューを行いました。

ハイトークとのお取り引きについて

当工場では10年以上前からハイトーク製の工具を使用しています。工場の敷地内にはトルク管理が必要な装置が複数基あります。その中で一番大きい装置にあわせて購入した油圧トルクレンチXLCTを他の装置にも使用していました。長い間ハイトーク製品を使用しておりますが大きなトラブルもなく作業中に工具を落としても壊れることがほとんどなかったのでとても安心できました。

トルク管理をしている装置について

金属性の容器の中で水素添加反応(水素ガスを還元剤として化合物に対して水素原子を付加する還元反応のこと)を行う時に容器の中が高圧になるので容器内の水素ガスが外に漏れないようにトルク管理をする必要がありました。当時は各装置のボルトの適正トルク値がわからなかったのでとにかく水素ガスが漏れないようにきつくボルトを締めこんでいました。

どういった課題を抱えていたのでしょうか?

XLCTではボルトの周りの環境によってボルトにXLCTが入らない箇所もありました。その場合はハンマーで叩いてボルトを締め込んでおりました。しかしハンマーを使用したボルト締結ではボルトを締めすぎてしまうためガスケットの損傷が目立っていました。また、トルク管理が必要な装置のうち一番大きな装置以外の装置は所有していた油圧トルクレンチXLCTのトルク出力範囲の下限よりもさらに下のトルク値が適正トルクということがわかりました。ですので装置に適合した油圧トルクレンチを検討しようということになりましてハイトークに相談をしました。

ハイトークの対応はいかがでしたか?

ハイトークの従業員の方が現場を見た上でボルトサイズとボルトの材質等から各装置の適正なトルク値を算出してくれました。また、バッテリータイプのトルクレンチを提案していただきました。その結果今までXLCTが入らずハンマーを使用してボルトを締めていた部分も銃タイプのトルクレンチで締め込みが可能になりました。また、適正なトルク値で締めることができるようになったのでボルトを締めすぎることがほぼなくなりました。

ハイトークワッシャーの感想を教えて下さい

今年(2017年)に入ってハイトークワッシャーを導入したのですが反力アームを使用しなくて済むようになったので反力アームを隣のボルトに当てる作業の手間から開放されたり反力アームで周辺の設備を傷つけることがなくなりました。また、反力アームによる指などのはさみこみのリスクがなくなるという点も安心できました。

作業時間は以前と比較してどうですか?

油圧トルクレンチを使用していた時はボルト締めに約30分前後かかっていましたがバッテリータイプのトルクレンチだと20分前後で終わるようになりました。また、緩め作業は油圧トルクレンチのときは面倒なのでハンマーで緩めていたのですがバッテリータイプのトルクレンチに変わってからは緩めもバッテリータイプのトルクレンチで行うようになりました。

最後に弊社に一言お願いします

ハイトークの工具は非常に頑丈なので何かの手違いで落としても壊れないのはとても良いと思います。唯一、希望をいうと工具自体の重さがもう少し軽ければいいかなと思います。

産業用ボルト作業の革命ハイトークワッシャー

レンタル代金の50%が工具購入時の値引きに適用

ハイトークのサービスに関するご質問、導入、費用のご相談等、何でもお気軽にご相談ください。

メールにて随時受け付けております。

ソーシャルメディアに参加しましょう

世界で最も信頼された工業用ボルテイングシステム

ハイトークロゴ

日本法人拠点住所

〒143-0006 東京都大田区平和島6-1-1物流ビルB棟4階BE4-S

各拠点:アメリカ、日本、カナダ、ブラジル、中国、イギリス、ロシアetc